新幹線eチケットはどうやって使う? 購入方法・使い方を徹底解説!新幹線に楽々乗車

新幹線eチケットはどうやって使う? 購入方法・使い方を徹底解説!新幹線に楽々乗車

JR東日本の「新幹線eチケット」というサービスをご存じでしょうか。

端的に言えばSuica(交通系ICカード)に乗車券と特急券を埋め込むって話なんですが、使ったことない人からしたら何がなんだかわからないですよね。

正直 自分もつい二週間前までなんのことやら状態だったのですが、使う機会があったので試しにやってみたらそれがそれが。。

めちゃくちゃ楽なんです

ということで今回は使ったことがない人にむけてざっくりと購入方法使い方を解説していきます!


えきねっとで購入

さ、普段新幹線に乗るときは

みどりの窓口

指定席券売機

のどちらかで乗車券等を購入されるかと思いますが、新幹線eチケットの場合はこれらではなく、

えきねっと』と呼ばれるサービスにてインターネット上で購入することとなります。

えきねっとからはきっぷの申し込みの他、列車&宿のセット駅レンタカー等も予約することができます!

今回はきっぷ(eチケット)の申し込みに絞って説明していきます。

えっきねっとでの操作

えきねっとを開くとまず初めにこのような画面が表示されます。

ここに乗車駅降車駅日時人数、必要があれば経由駅を入力!


入力できたら下にスクロールすると出てくる「列車を検索」をタップ

するとこのように条件に合う列車が出てきます!

いくつか出てくるのでお好みのものを選んで「きっぷ・座席の種類選択へ進む」を!

この画面に進んだら「新幹線eチケット」のほうを選択です!!

ゆう
ゆう

座席の種類の選択では「お先にトクだ値」という座席がある場合、普通より安く乗ることができるよーん

これで会員登録お支払いに用いるクレジットカードデビットも可)、使用するICカードの番号を入力すれば購入完了です!あとは乗るだけ


ICカードの番号はこの部分!

JR東日本のSuicaをはじめとして西日本のICOCA等の交通系ICカードは利用可能です!

右下の番号部分を入力するだけで自動的に新幹線チケットの情報が登録されているってすげー話だよ、。


また、モバイルSuica、地域の交通ICカードも利用OK!モバイルSuicaのICカード番号はアプリから確認できます。

totraだったら下のほうを入力してね、!

新幹線への乗り方

改札を通るには

これはもう簡単!最近の新幹線改札には在来線と同じようなICカードタッチ部分がついているんです

そこに向かって

ピッ!

ってやるだけ!

これでもう改札内に入れます。下車時も同じ。

さてさて、モバイルSuica利用の場合、「交通機関を利用中 残高~円

という表示が出てきて

え!残高から使われちゃった!?!?

と心配してしまう方もいるでしょうが、安心してください。

改札通過後にこんなメールが来ていればeチケットが使われていることとなります!

車内改札

新幹線に乗っているとまれに車内改札されることがあるかと思いますが、

新幹線eチケットにはもちろん紙のきっぷがありません!


じゃあどうやって証明するの?って話ですが、

えきねっとのマイページから該当列車の申込履歴をみせればOKです!

もしわからない場合は車掌さんに「えっきねっとのeチケットで乗車しています」と伝えれば画面の表示方法を教えていただけはずです。

まとめ

新幹線eチケット、筆者も二週間前まで全く使ったことがなかったのですがとある機会があって盛岡から秋田まで秋田新幹線で使ってみました。

最初は「本当に乗れるのか??」って疑問だったけど、何とも不思議。在来線感覚で改札を通れてしまったではないですか。


こんなすごい仕組みを作ってくれたJR東日本に感謝です。

また、eチケットを使って乗れるのは東北、上越、北陸、山形、秋田、北海道新幹線に限られるのでご注意を!